calm down


6.15 梅雨入りと思えぬ晴天具合が気持ち良い。期末テストで給食のない長女をシロフォンランチセットでお迎えする。リスタートしたカフェ、この場所でこの時間に訪れるという縁深いお客さまには穏やかさを提供したいと思っているのに、かかってくるとわかっていた電話に取り逃がす失敗をする。来店予定のお客さまからだったのだが、電話に出ない上、場所を隣の事務所と勘違いされて、クローズドの札に、驚きと不快な気持ちにさせてしまうという事態が発生。母の失態と反省、落胆、カッコ悪いところ見せちゃったなという気持ちもそのまま、娘はあららといって、普通の顔で見ていた。