仮病

眼診をしてもらった

眼を見て健康状態などを診る一子相伝の技ということ

結果は

基本的に大変に丈夫な身体を持っていて

風邪ひかないから仮病使って休んでいたタイプね

と言われて

高校生の頃確かにそうだったことを思い出す

ズル休みした日に窓から見た

自転車に乗っていた同級生まで思い出す

攻める

日常で何かいい事を思いついたら

ま、やらなくてもいいか、他にもやることあるしね

やったところでそんなに変わらないだろう

といったような自分の誘惑に負けず

やりきるのが良い

そしてそれを繰り返すことだ

というお釈迦様の言葉を読んだ直後だったので

誘惑に負けずやりきれた

小さなことだけど気持ち良い

自分の誘惑心を攻めこめたというわけである

渋皮煮

雨の多い9月

急いで行った犬の散歩帰りの待ち合わせは

恥ずかしいほど大量発汗

まだまだ蒸し暑い

でも日に日に金木犀が香ってくる秋

栗が大好きだと公言したら栗を貰い

会う人ごとに栗の話題が出るなと思えば栗が届く

というわけでただいま栗の渋皮煮中

ヒヤシンスの球根ほどの栗

何度もゆでこぼし筋を取り

季節のたべものを頂くシアワセ